スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

8月6日⑦ ベルリン博物館2006-09-05(Tue)

 

ベルリン博物館って言うから
建物の中に歴史や建造物などが残っているのかと思ったら
崩壊から一度も手が付けられていない壁や
パネルが公園のようなところにある程度のものでした。
パネルも全部ドイツ語で、英語では書かれていなかったので
写真だけ見てました。
 
ちょっと期待していたのと違ったけど、
当時の壁が観れて良かったです。
ちなみに上の写真は東ドイツ側から見た壁。
 

これは西側かな。
 

ちなみにほとんどの壁はなくなっているけど、
こうやって壁のあったところは道路にレンガ?ガ埋め込まれていて、
どこをどう囲っていたかわかるようになっています。

 

こんな感じで壁があったんですね。
写真の奥に見える建物はランデンブルグ門です。
 
崩壊の時に全世界に送られた、たくさんの群衆が
壁の上のようなものに登って歓喜を表現していたのは
この門の土台の部分です。
 
さて、そろそろオーストリアに向かう寝台特急の出発時間。
急がねば・・・。
 
これまた急ぎ足で駅へ。
 

 

Comments(8) | Trackback(0) |  germany

Comment

確かに想像と違う・・^^;
でも、当時のものが見られるのは良いですね^^

2006-09-05 01:52 | URL | 美海 [ 編集]

鉄筋がむき出しになってるのはなんともすごいなぁ

2006-09-05 04:52 | URL | もみ [ 編集]

重そうなベルリンの壁ですね
鉄骨むき出しになってるけど そのまま残っているんですね
日本人のアホどもなら これを曲げるだろうな(A;´・ω・)

2006-09-05 09:35 | URL | サーフ [ 編集]

お~~ こんな風に残ってる壁もあるんだ~ ちょっと安心・・・ ものものしいけど、歴史の悲惨さを物語ってるよね。 このまま残してて欲しいな・・・
あと路面に残してるやり方もいいね。 ちょっと感動しました・・・

2006-09-05 11:02 | URL | ♪sas♪ [ 編集]

美海>ここの壁は大体100メートルくらいかな。結構重みがありました。

もみ>雨で腐食して鉄筋が出たのかな??? ちょっと怖いですよね。

サーフ>重々しいですよね。 当時のことを考えると観るだけで気分が重くなりそうです。

♪sas♪>多分ずっと残るのかな。 この壁の周りには柵がしてあって入れないようになっています。

2006-09-05 19:26 | URL | ugoz5 [ 編集]

ベルリンは、ホント壁がすべてを物語っているような感じかもだねー

2006-09-06 01:14 | URL | sharmk2z [ 編集]

ほんとだ~博物館ってイメージじゃないね^^; でもこーゆーものをずっと残しておこうって気持ちがいーな。日本人も見習わなきゃ(←なんのこっちゃ)

2006-09-06 20:57 | URL | deccco [ 編集]

sharmk2z >壁は薄いけど歴史は厚いね~

deccco>日本人はわかり易い歴史的建造物は一流に保存するけど、そうではないのは結構雑だったりで・・・

2006-09-07 10:21 | URL | ugoz5 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://guri555.blog29.fc2.com/tb.php/1497-b38317cf

プロフィール

ugoz555

Author:ugoz555
きまぐれ写真館です。
どうぞよろしく。です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。